[練習日誌]2016/05/29(日)~KUSHIGATA WIND TRAIL

KUSHIGATA WIND TRAILに参加。
アップダウンのあるトレイルレースとしては今年初めてのレースとなった。
(今年初レースは上田バーティカルレースだが、当然下りは無かった)

約30kmのトレイルを4時間9分、男子16位でゴール。
順位はそこそこだったがレース内容は思い通りにいかなかった。

まず登りと下りの対応がうまくできなかった。
アップダウンの多いコースだったが、登りのあとの下りで足運びがうまくできなかった。
下りで消耗し、最後の登りで両足が攣ってしまった。
登りで大腿四頭筋を使いすぎ、必要以上に疲労するのを感じた。
ソールの薄いロードシューズだったせいもあるし、
シーズン初めなので仕方ない面もあるが、昨年よりも身体の動きは悪い。
もっとトレイルを走るようにしたい。

さらに登りはもっと丁寧に走る&歩きたい。
途中でゲストランナーの渡辺千春さんに追い越されたが、
登りで歩くときは太腿に手をおいて、歩幅を小さくしていた。
一歩一歩丁寧に歩いて、心拍数と疲労を抑えているようだった。
当然スピードは落ちるが、その代わりに緩い登りと下りではかなり早く走っていた。
自分は心肺能力にまかせて登っているところがあるので参考にしたい。

補給方法も見直したい。
両足が攣ってしまう直前、水だけをがぶ飲みしていた。
水を飲むときは同時に電解質も摂るようにしたい。
最後のエイド以外はそうしていたが、最後に気が抜けていた。

また、レースで糖質を摂るべきかどうかもさらに検証が必要になった。
今回は電解水とアミノ酸+クエン酸の水溶液だけで済ませるつもりだった。
電解水は必須だし、アミノ酸+クエン酸も飲むと元気がでるので問題はなかったと思う。

しかし、それでも後半バテ気味になり、エイドでコーラ、バナナなどを食べ、
最後の登りの前ではふらついてきたのでジェルを1本食べた。
それまで糖質は食べないようにしていたのだが、実際に糖質を食べたら元気が出た。

心拍数高めで走っていたので糖質は必要だったのかもしれない。
あるいはただお腹が空いてバテる錯覚をおこしていたのかもしれない。
次回の長いトレランでは、糖質でないお腹を満たすもの、
例えばジャーキーなどを食べてみて本当に糖質が必要なのか確かめてみたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中