第68回富士登山競走 旅行記

7/24(金)、第68回富士登山競走に参加してきました(完走記はこちら)。

私の住む長岡から富士山まで、日帰りというわけにはいきません。7/23(木)の前泊から大会後、長岡に戻ってくるまでをまとめます。

7/23(木)前泊

仕事を終わらせ19時過ぎの新幹線に乗って東京へ。夕食は長岡駅のそば屋で済ませます(そば+ミニカレーセット)。

東京駅からはホテルのある新宿へ。

今回は富士登山競走用に富士急トラベルが用意した「前泊+大会直行プラン」を利用しました。

これは新宿に宿泊し、当日朝はスタート会場の富士吉田市役所までバスで直行、帰りも表彰式会場の富士北麓公園から新宿までバスで直行というプラン。

ホテルは富士急トラベルによって決められたところに宿泊します。

皇居

東京駅から新宿までは軽いジョグで走って行くことにしました。通りがかった皇居で多くのランナーが走っているのを見て東京に来たことを実感します。

思ったよりも時間がかかり21時に東京駅を出てホテルに着いたのは22時20分ごろ。疲れていたのでシャワーを浴びてすぐに眠りました。

7/24(金)当日〜スタートまで

当日は朝3時20分に起床。手早く用意をすませて4時出発のバスに乗ります。バスはホテルの前まで来てくれました。

スタート会場の富士吉田市役所までは2時間弱。その間は耳栓をつけて睡眠を確保します。起床時間は早いですが、バスで眠ったことを含めると、当日は十分に睡眠時間をとることができました。

会場には6時前に到着。山頂コースの選手たちが続々と集まってきています。

富士吉田市役所 富士吉田市役所前 富士吉田市役所

山頂コーススタートは7時なので調度良い時間です。ただし、私の参加した5合目コースのスタートは8時30分。かなり時間があったので朝食のパンを食べたりゼッケンをTシャツにつけたりしながらゆっくり過ごしました。

当日の受付はありません。数週間前にゼッケン、荷物用のビニール袋、参加賞などが郵送で送られてきます。

ちなみにトイレの数は十分ありました。さすがにスタート前は並びますが、それ以外はほぼ並ばずに使えます。男性小用が別に用意されているのも嬉しいです。

ただし、トイレの場所は複数箇所あり、設置数の少ない場所ではけっこう並んでいます。そういう場所は避けた方が良いでしょう。

山頂コーススタート

7時、山頂コースの選手を見送ったあとは自分の準備に入ります。

5合目行きの手荷物(20L)と、表彰式会場行きの荷物(50L)をそれぞれビニール袋に分けて預けます。5合目には更衣室があると聞いていたので手荷物に着替えを入れておきます。

8時の開会式はスタート位置である富士吉田市役所前で行われました。

そして8時30分。5合目コースのスタートとなります。

スタートからゴールまでは別の記事にまとめたのでそちらをご覧ください。

7/24(金)当日〜ゴール後

5合目ゴール直後

ガスのなか無事にゴールしました。眺望はまったくありません。ゴール手前50mにきてもゴールがどこなのか分からないぐらいでした。

ゴール後はエイドでバナナとチョコパンをもらい、5合目の売店などかあるところまで歩きます。これが結構長いです。途中で手荷物を受け取り、自衛隊の方々が開いているエイドでまたバナナと水をもらいました。

5合目登山口5合目登山口を過ぎると登山者が増えます。とくに外国人のかたが多いです。

5合目

ようやく目的の雲上閣に到着です(↑の写真に雲上閣は写っていません。左手奥にあります)。

ここで着替えてバスに乗ります。バスまで再び1km近く歩きます。

5合目から富士を臨むゴールしてからずっとガスがかかり富士山も下界も全く見えませんでした。しかしバスに乗る直前、雲の合間から少しだけみえた登山道には、平日にも関わらず多くの登山者がいました。ここが日本一の山、富士山であることを改めて感じました。

富士北麓公園の陸上競技場バスは富士北麓公園へ。ここで参加賞、大きい荷物を受け取り、シャワーを浴びます。

表彰台

富士北麓公園には表彰式会場となる陸上競技場のほか球技場や野球場があり、それぞれトイレとシャワーを借りることができます。

野球場

私は陸上競技場のシャワーが混んでいたので野球場へ。誰もいなくてすこし不安になりましたが、ゆっくりシャワーを浴びることができました。

富士北麓公園の屋台

陸上競技場のそとに屋台が並んでいるのでそこで昼食。事前に一枚100円のチケットを6枚もらっていてそれを使います。会場で食べるご飯は格別です。

レース後のお昼

ちなみに私が食べたのは左から鶏の唐揚げ、肉巻き餅、豚汁。レース後は豚汁と肉を無性に食べたくなります。

ご飯を終えたら再びバスに乗り新宿へ。途中で渋滞につかまり約2時間半で新宿駅西口近くに到着です。思ったよりも時間がかかりましたが、バスで直行してくれるので電車よりも楽だと思います。レースの振り返りとうたた寝を繰り返しながら、目的地までバスに揺られます。

新宿からはJR中央線で東京へ。東京から長岡は往路と同じく新幹線を使いました。帰りは時間があるので高速バスでも良かったかもしれません。

ともあれ、新幹線のおかげで明るいうちに長岡へ到着。帰宅してゆっくり休むことができました。


第68回富士登山競走。レースも旅もどちらも満喫することができました。

次回山頂コースへの挑戦も今から楽しみです。

広告