2015 第5回白馬国際トレイルラン

9/13(日)、第5回白馬国際トレイルランに参加しました。
ロングコース52kmを無事に完走することができました。
hakuba2015 - 2
受付会場。八方文化会館前。
前日の9/12(土)、八方文化会館にて受付を済ませ宿に泊まりました。
この日は晴れて北アルプスがよく見えました。
受付会場から見える白馬岳
受付会場から見える白馬岳
駐車場から
駐車場から
路上から。パラグライダーと一緒に。
路上から。パラグライダーと一緒に。
宿は主催者側が用意したペンションに泊まりました。
素晴らしい料理とおもてなしに感激しました。
前日泊まったペンション。外観も素晴らしい。
前日泊まったペンション。外観も素晴らしい。

9/12(日)、レース当日。
朝4時に起床、岩岳駐車場6時発のシャトルバスにのり6時10分ごろに会場入りしました。
ありがたいことにスタート近くにはコンビニがあり、朝食とトイレを済ませます。
スタート直前
スタート直前
7時スタート。
朝は靄がかかり、日中も曇りがちで景色はいまいちでしたがその分走りやすい気候となりました。
スタートからは沿道の応援に応えながらジャンプ台を目指します。
ジャンプ台の脇を通る。前日撮影。
ジャンプ台の脇を通る。前日撮影。
ジャンプ台を過ぎると最初の登り、八方尾根のゲレンデとなります。
今回のコースでは3つの山を超えますが、その最初の山に入ります。
高低差は600mほど。
いきなりキツイ登りが続きます。
頂上が近づくとかなりの傾斜になり、そこにはゲレンデに放たれた牛達が。
さらに振り返ると白馬の町並みも見え、癒やされます。
ゲレンデに放たれた牛たち
ゲレンデに放たれた牛たち
同じ場所からは町並みがよく見えます
同じ場所からは町並みがよく見えます
1つ目の山を超えたらゲレンデとゲレンデ管理用道路を一気に下ります。
ここで早くも足に痛みを感じはじめます。
2週間前の志賀エクストリームの影響が残っていたのか、下っているときは足捌きに違和感を感じていました。
下りきったら長い林道へ。
山越え後の疲労した足に平坦なロードがこたえます。
この後も、下りの後の平坦な道に苦しめられます。
林道途中。疲れているときに応援は本当にありがたい。
林道途中。疲れているときに応援は本当にありがたい。
中央に北アルプス、右手に岩岳を望む
中央に北アルプス、右手に岩岳を望む
平坦な道がようやく終わり、岩岳の登りへ。
しばらく登ると「犬の寝床」とよばれる階段になります。
犬の寝床。342段あるらしい。
犬の寝床。342段あるらしい。
ここも焦らず歩き、時々駆け上がって筋肉をほぐしながら登ります。
階段が終わってもトレイルの登りが続きます。
ここではときおり左手に白馬岳を見ることができました。
hakuba2015 - 13
岩岳最後の登りはゲレンデに。
応援やカメラが多くなり、頑張って登り切ります。
岩岳最後の登り
岩岳最後の登り
登り切るとエイドに到着です。
内容は充実していました。しかし、ガスがかかり少々寒かったので長居せずに下りへ。
持参したジェルで十分補給はできていました。
岩岳の下り、途中
岩岳の下り、途中
岩岳からの下りはフカフカの里山トレイルでした。
傾斜が急で滑りやすい場所もありましたが、難しいところはなく走りやすいです。
自分にとってキツかったのは下り終わってから。
やはり平坦な道を進むのが億劫に感じます。
それでも補給を途絶えさせずに一定のペースで走りました。

そんなわけで残念ながら岩岳を下ってからゴールまで、写真を撮っていません。
これ以降は気力が途絶えないように必死で走りました。
平坦な道はもちろん、最後の登り・下り、さらにゴールまでのロード、すべてが辛く感じました。
それでも補給は忘れず、登り以外で歩かないように気力を振り絞ります。
スタートから約6時間半。
ようやくゴールし、エイドで豆乳を受け取ると地面に倒れこみ、そのまま15分ほどずっと寝転んでいました。
ここまでレースで自分で追い込んだのは初めてかもしれません。
記録はどうあれ、そこまで自分の限界に挑戦できたことに満足しています。

豆乳やコーラを飲んで回復すると、雨が降ってきたので急いでバスに乗り駐車場まで戻りました。
そこからは車で温泉「倉下の湯」へ。
たっぷり休み、補給をしてから帰路につきました。

まとめ

コースは52km、累積標高差2,637m D+ということで平坦な林道・ロードの多い走れるコースでした。
しかし山を3つ超えないといけないので山越え後の疲労した足に平坦なロードがこたえます。
しかも下りは2週間前の志賀エクストリームの影響が残っていたのか、足捌きに違和感を感じ、一つ目の山から痛みを抱えることに。
登りは歩きつつ、それでも下りと平坦は最後まで走って記録は6時間半。
キツくても限界まで走り切ることができたので自分にとって満足できる結果でした。
エイドは8箇所と多く、ゴール後の補給も充実していました。
胃腸が弱いので豆乳があったのは嬉しかったです。
応援も多いので比較的安心して参加できる楽しい大会だと思います。
特にロードから初めてトレランの大会に参加する方にオススメです。
広告